MENU

 割り切り掲示板を利用して知り合った女子大生とすぐにアポが決定して、待ち合わせのために出かけてきました。
人生で初めてこのような関係を作るために、物凄いドキドキ感が自分を襲っていました。
これから起こるであろう素晴らしい肉体関係を想像しては、妙な興奮感を覚えてしまっていました。
約束の場所に着くと、暫くして女性がやってきました。
女子大生と言っていた割には、もう少し年齢が上のような感じがしました。
「坂城さんですか?」
「そうです、よろしく」
簡単な挨拶だけすると、すぐにホテルに歩き出していくのです。
さすがに話が早いなって感じがしちゃって、これから激しすぎるセックスを楽しむことができるとテンションが上がりっ放しになってしまいました。
彼女は随分となれた雰囲気があって、室内に入るとすぐにバスルームに入ってきました。
そしてシャワーを浴びてバスタオル姿で出てきたのです。
見知らぬ女性がバスタオル一枚で目の前に、自分の股間は激しくうずいていきました。
これからおもいっきり愛撫して挿入をする、頭の中で想像していたのです。
彼女は脱がし押し倒しセックス開始、見知らぬ女性の裸体に半端じゃない興奮を覚えていました。
これからたっぷりと感じさせてやるって思っていた矢先に、「挿入して」と言われたのです。
コンドームを付けられてしまい、仕方なく挿入。

挿入しても全く反応してくれなくて、緊張しているのかなって思ってしまいました。
それでも久しぶりに知らない女性の肉体に挿入しているんだから、夢中になって動かし続け射精をしていきました。
すると彼女はすぐにバスルームに向かって、帰り支度を始めたのです。
そして、「お金を支払って」と言い出したのでした。
3万円の約束で会ったといい張り出したのでした。